w-qey’s blog

日々の入院日記です。双極性障害とPTSDと摂食障害です。

記憶回復

今日は1つ作業ができた。

役所に出す書類がかけた。

だから1つ、自分を許せた。

最近、病院にも行けません。

週3回の訪問看護で何とか生活しています。

これから、もう寝て、またエネルギーを充電しようかな。

でも今日は色々思い出したので。

 

私が解離性障害と診断されたのとだいたい同じ時期に、私がとても負担をかけてしまった人がいます。(3年前)

 

10月ぐらいから3月ぐらいまで、彼女はずっと私と一緒にいてくれました。ご飯も洗濯も掃除も全てしてくれていました。その間、ずっとずっと私は彼女に負担をかけていました。

ある日突然、泣きながら言われました。

「私も本当は死にたくてしょうがない」

ああ、そうだったんだ。私はそこまで彼女を追い詰めていたんだ。

そう言われた夜、一晩狂ったように泣きました。

無心であるだけの薬を飲みました。

こんな自分が許せない、消えてしまいたいと思いました。

 

結局、私は彼女の状態を真に知るまで、心のどこかで彼女を責めていたんです。

どうして最後まで助けてくれなかったのか。

私に大切と言ったのに、何故裏切ったのか。

どうして、どうして。そう思っていた自分があまりにも愚かな存在に思えました。

 

今は、彼女とは距離を置いています。

だから、もう一度君を相方と呼ばせてください。

私がこうなったのも君がそうなったのも、誰の何のせいでもないのだと先生は言っていました。

だから、私が私を責めたって、君が君を責めたって何にもならないんです。

 

今は、お互い、自分が健やかである事だけを考えて生きていこう。

 

大好きだよ。