w-qey’s blog

日々の入院日記です。双極性障害とPTSDと摂食障害です。

恐怖と勇気について

 

私には怖いモノが有る。

 

山程ある。腐る程ある。

 

偶に腐って無くなってしまえば良いのに、と思う事も。

 

それでも私には、勇気が有る、度胸が有る、などと言われる事が有る。
その時、私は常に疑問に思う。

 

私は自分が勇敢だとも、勇猛だとも、思わない。臆病な方であると。
何かが有るならば、逃げ出したい、と思う事が多い。

 

それでも、逃げずに向かって行く事には、勇気ではなく、覚悟をして、向かう事にしている。
そうなるかもしれない、そうなってしまうだろう、そうなるかもしれない。

 

そうなるかも知れないと覚え、そうなるかも知れないと悟ってから、行動する。
ただ、それだけである。


私には、怖いモノが多い。
様々なモノ。様々な物。様々な者。
怖いモノが、多すぎる。

 

だが、それでも、それに押し潰されないのは、そうなったとしても、そうなるかも知れないとしても、そうであったとしても、構わないかな?と考え、その事を覚悟して、生き様と思ったからである。

 

それでも、怖いモノは怖い。
常に、押し潰されそうになる。
常に、呑み込まれそうになる。
それでも、怖いが、まだ生きられるかな?と思い、行動する。


私は、異性が怖い。
同年代が怖い。
相手が、どう思っているのかが、判らない事が、怖い。
それでも、話す事も、接する事も、出来る。
だが、怖いと思ってしまう。

 

私は、高校生の頃、異性の相手に、好きな異性は居ないのか、聞かれた。
誰にも話さないと約束して貰い、勇気を持って「同性が好き」と話した。
速攻で(5分で)破られた。
 

それ以来、四半世紀経っても、苦手意識は、消えない。


勇気を持って、行動する事は少ないが、覚悟を持って、行動する事は、出来る。
私にとって、勇気を持つ事と、覚悟を持つ事は、少し違う。

 

勇気を持つ。 その先が見えない。そうなったら、良いなという楽観視しての事。

覚悟を持つ。 その先がどうなるか、有る程度分かる。最悪も最善も考えた上で、行動する事。

 

私は、未だに怖いモノは克服できないが、覚悟を持って行動する事は、出来る。
それでも、怖い事には変わらない。

 

その為、この年になっても、憧れは有るものの、覚悟を持って、相手に接し様と思う相手に、出会う事が無い。安易な気持ちで接する事も、出来ないで居るが。


勇気を持って、覚悟をして、行動する事が出来れば、様々な事は解決できるが、その勇気は中々に、持つ事が難しい。


私個人は、勇気と、度胸と、覚悟は、それぞれ同じ様にも思えるが、違うと思う。

勇気は、切っ掛けでしかない。そうしたら、どうなる?と言う、好奇心。

 

度胸は、見栄でしかない。そう見られなければならない。虚栄心。

覚悟は、行動でしかない。そうなっても、構わない、と思う。在り方。

 

その様に考えた。


私は、覚悟を決め、行動する。

 

海外に一人旅する時も、旅先で野垂れ死にするかもしれない。

 

強盗に襲われ、そのまま帰れなくなるかもしれない。

 

手足を喪うかもしれない。目や耳を喪うかもしれない。

 

それでも、旅をしたい、行って見たい。
その覚悟を持って、行動する。

 

安易な気持ちで、覚悟をしたのではなく。
考え、どうなるかも想定した上で、行動する。

その先は判らないが、行動する事が出来た。


それでも、覚悟する事は、必要だと考える。
その事を、後悔する事も有るだろうが、それも、覚悟の上である。

 

怖いままで、動けなくなる事の方が、怖いと考えてしまう。

 

臆病者と思われるかもしれないが、それも、覚悟した上で、考えている。

 

その事について、どう思われるか。

 

ご意見が有れば、お願いしたい。

入院生活20日目。

今日で入院して20日になります。

まだまだ頑張ります。明日はカウセリング。

たくさん話すことある。きちんと言えますように。

 

おやすみなさい。

薬物依存症について

こんにちは、「アディクトの鈴木」です。これは、自助グループのミーティングで自分の話をする前にみんなが言う言葉です。依存症の~、薬中の~、アル中の~、です、と言い方は様々ですが、「私は依存症です」とまず認めて、立ち位置を定めてから話し始めるという仕組みになっているんです。

 

私は、まだクリーン1ヶ月目です。でもこれはこの4年、自分は依存症なんだけど、元気に生きようよ!とやってきた感謝の道でもあるんです。今回は、その辺りを語る事ができればと思います。

 

私が薬に依存したのは(処方薬や市販薬)4年前で始めて心療内科に受診してデパスハルシオンを処方された時でした。これほど魔法の薬はないと思ってしまいました。その日からしんどくなればデパスを飲むというのをしばらく続けました。それからネットで市販薬のブロンやレスタミンパブロンを覚え1回で1瓶を飲んだりしました。

 

薬の飲み過ぎでおかしくなり夜中に救急車で運ばれた事もありました。あまりに酷い時は精神科の閉鎖病棟に半年閉じ込められた事もありました。

 

もうその時は自制が効かなくなってました。自分で自分をコントロールできませんでした。薬を飲まずには仕事に行けない。作業に参加できない。そうなっていました。薬が切れるのが怖くてまた飲んで自己嫌悪になってまた飲むのを繰り返していました。

 

そしてある日から血液検査に引っかかるようになりました。肝機能の数値が異常に高いと言われました。それでも私は薬を止めませんでした。

 

そして等々肝機能障害と言われ3日に1回の人工透析をするハメになりました。今も3日に1回しています。肝機能障害になっても薬は止められず吐血しながらも薬を飲んでました。

 

その時は薬に依存してるのではなく薬を飲む行為に依存していたんです。何でも良かったんです。デパスだろうがビタミン剤だろうが正露丸だろうが錠剤を口にいれる事に快感だったんです。普通の人からしたらおかしい話ですが、覚醒剤とかシンナー依存症の人が口を揃えて言うのが注射器を刺すことに快感、袋を吸うことが快感。私も同じように錠剤を口に入れることに快感だったんです。

f:id:w_qey:20170321181200j:imagef:id:w_qey:20170321181215j:image

 

今現在もはっきり言って飲みたいです。飲んで楽になりたいです。飲んで現実逃避したいです。でもこれ以上周りに迷惑かけたくないんです。これ以上周りを悲しませる事はしたくないんです。

 

本当に人生を棒に振るう事になります。まだ透析で済んでるけどこれ以上飲むと肝性脳症になると言われました。植物人間と同じです。何もかも介護で何もかも自分でできなくなります。そんなのになりたくないんです。でも頭が薬を覚えて飲め飲めと命令するんです。でも飲みたくないんです。それと葛藤の毎日です。

 

だからまだ依存症になっていない人足を踏み入れてる人お願いします、そのへんでお開きにしてください、まだクリーン1ヶ月の私が言う事じゃないですが、本当に人生を台無しにします、自分の体をいたわってあげてください、肝機能障害になれば記憶障害にもなるし排尿障害にもなります、だからお願いします、その1箱で止めにしませんか?薬の他見つけてみませんか?楽しい事見つけてみませんか?

 

依存症の人も依存症には完治はありませが、でも回復はあります。薬を使わない生活に慣れる事によって薬無しの生活でも送れるようになるとの事です。それは自助グループのNAのミーティングに参加したりレクリエーションに参加したりする事によって薬じゃなくて新しい楽しみを見つけたりできます。

 

私達「依存症患者」は皆仲間です。

決して1人じゃないです。仲間がいます。

手と手を取り合って支え合って生きましょう。

 

今日一日はありのままの現実に自分を合わせるようにします。自分自身の心身を強化し、精神を鍛錬します。

 

今日一日薬を使わずに仲間と共に信頼を得よう。

 

今日一日何事もなく無事に過ごせるよう努力しよう。

 

「今日一日」という言葉を支えに薬物をやめ続け周りの人に恩返し出来たらなと思います。

 f:id:w_qey:20170321181102j:image

 

 

双極性障害について

私は現在21才です。高校2年生の初めの頃、精神的な体調不良で人生で初めて心療内科へ行きました。そこでは始め『強迫性障害による鬱状態』と診断されました。

その頃は強迫症状があまりにも酷く学校には通えないどころか、普通の日常生活もまともに出来ませんでした。この頃の具体的な症状としては手洗いや意味の分からない行動をとったり、一番よく覚えているのは携帯電話を水洗いをして壊れることがありました。なのでもちろん、高校は単位を取ることが出来ず、2年生で中退となりました。

 

そして約1年の間、専門の病院に通い普通の生活が出来るまでに強迫性障害を治すことが出来て

同年代の子たちと同じ時期に新しく、専門学校に通い始めました。

しかし数か月が経ち、精神的に不安定になる時が多くなっていきました。

この時の状況としては、実家からではなく家族と離れての生活で1人暮らしというような感じでした。そうなると徐々に学校を休む日が多くなり、結局また途中1年も経たずに専門学校を辞めてしまいました。

 

そして実家には帰れなくて当時のパートナーの所に居候し、以前にもお世話になったことのある病院へ行き、病院通いの生活になりました。でも病状は良くなるどころか、自分の将来の不安や

周りとの違いに焦ることなどのストレスや不安が重なりほとんど引きこもりの生活でした。

この時、初めて『双極性障害』と診断されました。

私自身この時は気分の浮き沈みも本当に激しかったです。気分が高い時は

 

「自分はもう何でも出来る!」と思ったり、いきなりあほみたいに買い物したりお金もないのにギャンブルを始めたり…。

一方で気分が下がっている時は、「もう死んだ方がいい」とか「この先真っ暗だ…」と考えて

一日布団の中で泣いて過ごすという感じでした。時には未遂をして救急車で運ばれるというのを繰り返ししていました。

病院の先生や家族はアドバイスをくれたりするけど、私はいくら自分で気をつけても気分の浮き沈みはコントロール出来ませんでした。1番大事な処方された薬をきちんと飲むという事もできませんでした。周りを困らせてばっかでした。

 

なので特別これといったことはしていません。

実際に今も完治はしておらず治療中といった形で、毎日薬を飲んでこの自分の心を支えています。

なのでこんな自分の言葉が誰かのアドバイスになるかは分かりませんが

私も今、毎日毎日この病気の自分と闘っています。

私は、出来るならば夜は何も考えず心をオフにして寝て、朝はきちんと起きれたならば

太陽の光をたくさん浴びます。そして出来る限り、こんな自分を褒めてあげます。

 

そしたら嫌でもちゃんとこうして生きています。

だから同じような思いをしている人たちには、自分だけじゃないということを伝えたいです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

f:id:w_qey:20170321103809j:image

入院生活19日目。

こんばんは。

体調不良もいいところ。

だがしかしTwitterとブログは休みません。

日中がだいたい調子悪くて(日中薬ない)から

夜に体調良くなるというパターン。

 

フォロワーさんが読んでた「ミスミソウ」買いました。思ってた以上に話が二転三転する。あとグロいね。途中で読むのやめてしまう(ビビり)

f:id:w_qey:20170320182107j:image

 

そして今日の晩ごはんは肉団子でした。

もうパッサパサで美味しくない。

セブンイレブンのとり天食べたい。

早く外出したい。日曜日まで頑張ろ。

f:id:w_qey:20170320182452j:image

 

食事記録と明日の診察メモ書いてきます。

それではまた明日。

今日も一日お疲れ様でした。

明日も一日無事に過ごせますように。

AC(アダルトチルドレン)について

21歳になり今までたくさんの別れを経験しました。

 

誰もが想像しないほど些細な事で信じられないほど何度もです。

 

大切な友達も恋人も今となってはみんな私の側にはいません。

 

今までなぜかわからないけど、心の中にずっと晴れない真っ暗闇があるような感覚で生きてきました。

 

いつも大切な人との関係ほどうまくいかなくなり自分に嘘をついて、相手のせいにしてその場から逃げて来ました。

なぜだろう…。

何度も何度も考えたはずがまた何度も同じループにはまっている。

その繰り返し。

もう、私には誰の側にもいる資格はないと諦めた時に前のパートナーに出会いました。

彼女は本当に人にまったく興味のない人。

愛されてる感覚は全くありませんでした。

相変わらず私も相手を思い通りにしようと彼に食ってかかる毎日。

今回もダメだろう…。

正直、諦めてました。

なのに不思議な物でいつもの言い合いで私はある事に気付きました。

私は愛されたいんだと。

この感覚は何なのかと思い私はインターネットで調べ始めたところ、

私はアダルトチルドレンなんだと言う事が分かりました。

なぜか嫌な気持ちは無く

長年探し続けた答えを見つけ出せてすっきりするような感覚でした。

そこから私は愛し方も愛され方も知らないんだと。

愛情や好意や、相手が自分を必要としているということさえも私には一切感じる機能が備わっていないという事に気付いたんです。

それは相手にとって自分が必要なのかという事に異常なほど固執しているという事なのです。

相手がどれだけ自分を大切だと言われようとそれを信じる事が出来ないからです。

全ての人を信じていないんです。

裏を返すなら、信じられないと言うよりも絶対に裏切られると言う張り詰めた生き方。

気付けば私の周りは360度私を傷つける敵だらけでした。

そして、私の心の中はまったく貯蔵されない底抜けタンクのようにもらった愛情は全て感じる事なく吐き出され、私は愛情だけを欲するお化けになってはいました。

この人なら愛してくれる。

愛されなかったからこのじゃない。

そんな思いの繰り返しで出会いをちぎっては投げ、ちぎっては投げ。

きっといつか私を受け止め、必要としてくれる人が居るはずだと、私を大切にしてくれた人達をたくさん傷つけてきました。

100%の愛情を望んだが為に大切な人達を失って来ました。

失うたびに自分も傷つきながら。

まるで地獄に向かうループ。

終わりのない苦しみ。

なぜ私が…。

実際、私がこうなった事に私自身の責任は無くただ、幼少期に運悪く寂しい思いをして自分の存在を許せる場にいれなかったからとしか言いようがないんです。

そんな自分の境遇を心から恨んだ事もありました。

21年晴れない気持ちに苦しみ続けたのですから。

しかし、今は私自身も成人になり

この今まで感じた出来事は何か意味があったんだと思いながら今だに新しい発見をしながらも晴れない気持ちと戦い生きています。

まだ完全に良くなった訳ではありませんが必ず良くなるんだと信じています。

家族も友達も恋人も全てまとめてそれは愛で。

きっとこの苦しみを味わったからこそ見つけられる愛があるのだと私は思います。

愛を欲する前に、そして誰かを愛する前に今度はしっかり自分を愛していこうと私は思っています。

きっと常に自分の心の中にある闇の正体に気付かずに日々苦しんで生きている方はたくさんいるんだと思います。

それでもきっといい事もあるし、

ついてるなんて嬉しくなる日もある。

ついてないな~と思っていた時のまるでサプライズのような突然のいい出来事は全てをちゃらにする。

悲しくて悲しくてどうしようもない時に誰かに優しくされるとあたたかい気持ちになってまた元気に過ごせる。

たくさん悲しんだから

たくさん泣いたから

たくさん苦しんだから

あとは人生良いことしかないだろう。

それにこんなに苦しんで時間を無駄にした分、絶対に取り返して残りの人生は満足してやろう。

私はそう考えています。

希望だけは絶対に捨てずに生きていこうと思うんです。

 

きっと希望だけは信じれば誰にでも平等にあるはずですから。

f:id:w_qey:20170320170919j:image

 

入院生活18日目。

 

体調不良により

 

しばらくお休みします。

 

ご理解よろしくお願いします。